いぼの悩みを解消【自分で改善することが難しい】

女性
  1. ホーム
  2. 適切な治療を受ける

適切な治療を受ける

カウンセリング

さまざまな治療方法

いぼには種類があり、老人性とウイルス性に分けられます。このうち、老人性のものは加齢による肌のバリア機能の低下が原因です。肌は紫外線などを浴びることでダメージを受けますがバリア機能によりダメージを修復します。しかしながら年齢を重ねることによりバリア機能が低下することが原因でできます。老人性のものは他の場所に感染するようなことはありません。ウイルス性のいぼはヒトパピローマウイルスが原因でできます。皮膚の表面にできた傷口などにウイルスが侵入することで発生します。ウイルス性のものはそのままにしておくと大きくなることがあります。また、気にしていぼを触ったりするとウイルスが指に付着して、その指で触れた部位に傷口があればどんどん感染していきます。家族で同じタオルを使用すると家族へも感染する可能性があります。つまり、ウイルス性のものはできるだけ早く治療をすることがポイントです。いぼは正しい治療を行えば跡を残さずに治すことが可能です。そのためには医療機関の受診が大事です。治療の方法にはいくつかあり、飲み薬や塗り薬で治す薬物療法や医療用のレーザーを使用して取り除くレーザー治療、さらには液体窒素を使用した方法があります。いぼの大きさやできた部位、さらには個数などで治療方法は変わります。保険適用となる治療方法と、そうでない治療方法があるので医師の説明をよく聞いて考える必要があります。いずれの治療方法であっても、跡を残さないためには治療を終えてからの適切なケアを行うことがポイントとなります。いぼを治療する際のクリニックを選ぶときの基準として、どのような治療方法を行っているかということが挙げられます。いぼの治療方法で代表的なものは液体窒素を使用した方法です。これは液体窒素を綿棒等に染み込ませて、いぼに押し当てます。すると押し当てた部位の皮膚の細胞が壊れて低温やけどを起こします。その後時間の経過とともにかさぶたになり、自然に剥がれ落ちます。メリットとしては保険適用の方法なので、治療費用が安価ということです。しかしながら、大きさによっては複数回の通院が必要となることや、再発の可能性があることです。また、かさぶたになると目立つので人前に立つ予定があるなど、個人のスケジュールを考えて治療をしなければならないことがあります。また、部位によって程度は変わりますが、痛みを感じることです。これらのデメリットを改善した方法として医療用のレーザーを使用した治療を行っているクリニックもあります。医療用のレーザーを使用することで患部のみを切除することが可能です。レーザーでは削る深さを設定できるので根本から取り除くことができ、再発防止に繋がります。医療用のレーザーを使用する場合、治療したあとの皮膚はデリケートな状態となっています。細菌などに感染しやすい状態となっているので、治療を終えてからのケアがポイントとなります。跡を残さないためには患部を乾かさないことが大事です。軟膏などをこまめに使用して、乾燥と細菌による感染を防ぐケアを行う必要があります。クリニックにおいてどのような治療方法を行っているかを知ることで自分自身が希望する治療を受けることができます。