いぼの悩みを解消【自分で改善することが難しい】

女性
  1. ホーム
  2. 治療の前に知っておく事

治療の前に知っておく事

看護師

よりきれいに治す為に

いぼ治療を受ける場合は、液体窒素を利用したり、炭酸ガスレーザーを利用したりして治療しますが、病院によって方法が変わります。また、いぼ自体はそのまま放置しておいたとしても問題ない物もありますが、中には放置する事によって悪化したり、個数が増えてしまったりする物もあります。従って、いぼを発見した場合は出来るだけ病院に行って診断を受け、どの様に処置する方がより良いかの判断を仰ぎます。また、いぼ治療自体方法はもちろんの事、状態によっては1回の施術を受けるだけでも良い物もありますが、根深い場合は数回の施術が必要となる事もあります。もちろん治療法によっても完治までの時間が違っており、さらに施術後のケアも変わってくる事も少なくありません。ただどの方法も共通して言えるのは、できるだけ傷跡を衛生的にしておくことと、水濡れには注意する事です。例えば、レーザー等を利用した方法の場合でも、傷自体は大体1週間から10日程度で良くなって行きます。しかし実際には傷跡が薄くなって殆ど見えない様な状態になるまでには時間がかかることも少なくなく、その時のケアで傷の残り具合が変わることもあります。出来るだけ傷を綺麗に消したい時は、テープと薬を上手に利用して傷ケアを行う様にしますが、これに関しては病院側で指示してもらえます。従って、いぼ治療を受ける際は必ず病院の指示に従い、それを守って施術前後を過ごすようにします。また途中で治療をやめてしまうと再発は勿論の事悪化する可能性もあるので、途中で病院通いをやめる事は避けます。いぼ自体は出来る部位によってもかなり邪魔になってしまうことが多く、さらに見た目にも大きな影響を及ぼすことがあります。例えば顔に出来た物の場合はかなり目立ってしまうこともあり、さらに放置する事によってより大きくなって行ったりする事もある程です。また首等に出来た場合はそれ程顔よりも気にならないと言う人も居ますが、ブツブツしているのがストレスになると言う人も居ます。ただ、いぼ自体は時間が経過すると勝手にぽろりと落ちてしまうものではなく、いつまでも肌の表面に出っ張って残っている物です。また、自分で無理に取り除こうとすると、傷が出来てしまったり、出血が止まらなくなってしまったりする可能性もあります。その点病院で行われるいぼ治療はその人の状態に合わせて行われており、衛生的にも十分に配慮した治療法となっています。もちろん確かな知識と技術によって治療が施されるので、無理に取り除いてしまう時の様なリスクをはらんでいるわけでも有りません。また、いぼ治療自体は加齢に伴って出来た物だけでなく、ウイルス性の物も治療の対象となっています。ウイルス性の場合は非常に根深い場合もありますが、正しく治療を行う事によって肌の表面の出っ張りを取り除くだけでなく、ウイルス自体がいない状態にする事も出来ます。その為、自分で適当に対応してしまった時に比べると再発の危険性も低くなる点も人気を集める理由です。もちろん放置しているのではなく取り除いてしまうので、サイズが大きくなる事も無ければ、数がどんどん増えてしまうことも有りません。